つるし飾り 12号 ひまり 179005568

HI-230

31,500円(税込)

定価 49,500円(税込)

赤系と黄緑のコントラストが可愛い ひまり

「つるし雛」とは、三月三日のお雛祭り時、お雛様の脇から後ろから出来るだけ多く
つるす飾りであります。 それはその子に対する期待や願いを込めた形を布で形作ったもの。

うさぎのように目が赤く白い毛の紅白の動物は神の使いと伝説され、幸せを見守るという意味です。這い子は寝る時期からげ゛ン金這い、よく這い這いすることで入金が強く立ち上がれるようにとの願い。とうがらしは悪い虫がつかないように、ねずみ俵は子だくさんで食べ物に困らないように・・などなどその時代の願いや美しいもの、干支など、縁起の良いものをつくってつるす日本独自の伝統行事で 発祥は全国で3か所 東北 伊豆 九州柳川で、南北に長い日本としてその地方独自の造り方になっています。 近年は天蓋と呼ばれる笠を頂上につけた飾りが人気です。

レビューはありません。